組合からお金を借りる

7月 21st, 2014

会社にお勤めの方は、会社の組合からお金を借りることが出来ます。こうした貸し付けを行っているのは、大きな会社や組合のある企業に限られますが、公務員の場合は共済でお金を借りることが出来るのです。公務員共済を要すれば、消費者金融カードローンや一般的なローン商品よりも、金利の低い借り入れが実現出来るでしょう。
この他にも、職業の数だけ(各組合からの)さまざまな借り入れ方法が存在しています。銀行のように住宅ローン、医療介護ローン、学資ローン、ブライダルローン、多目的ローンを扱う組合や企業もあるのです。返済期間も長く、金利も低いので組合に加入されている方には大変お得と言えます。組合の加入がなければ、銀行や信販会社、消費者金融カードローンを利用する必要がありますが、一度は「勤め先で利用出来るローンが無いかどうか」探してみるようにしましょう。
住宅ローンを利用される方には、おなじみの「ろうきん」も組合が利用する金融機関のひとつです。ろうきんとは、労働金庫の略称で、消費生活協同組合や共済組合が利用する機関となっています。銀行と比べて、低い金利でローンが組めるとあって、住宅ローンの土日でもお金を借りたい借り入れには欠かせない機関となっています。
ろうきんは共済組合、消費生活協同組合の他に、会社の労働組合に加入することで利用することが出来ます。また、お近くのろうきんエリアにお勤めの方であれば、組合員になることが出来るのです。低金利ローンをお探しの方は、ぜひ利用してみてください。

消費者金融系のキャッシング

6月 30th, 2014

キャッシングを始めるとき、消費者系でキャッシングをするのか銀行系でキャッシングするのかをえらばなくてはなりませんが、消費者系のキャッシング会社はどういった特徴があるのでしょう。

消費者系キャッシングは消費者金融から融資を受けることで、大手消費者金融と呼ばれている「プロミス」「アイフル」「アコム」など名前が知られていますが、地方都市にあるような地域密着型の中小消費者金融業者も存在しています。

消費者系でキャッシングするとき、「安定した収入があること」が前提となっています。
この条件があるのは消費者金融は貸金業法の総量規制で融資限度額が決められていて融資は年収の3分の1以内と制限されているので、年収がなければ融資をすることができないので上記のような条件が付けられていますが、サービスの中には「おまとめローン」などのように、複数社からの借入を一本化し、借入をまとめる事で金利が下がり、複数日あった返済日を1日にまとめることができる商品は総量規制の対象外となり、審査はきびしくなりますが審査に通れば年収に関係なく融資がうけられる商品もあります。

キャッシングは収入がなければ利用できないので専業主婦は消費者金融を申込むことができませんが、銀行系のキャッシングは年収に関係ないので銀行のカードローンなら申込がかのうで、三菱東京UFJ銀行のバンクイックやイオン銀行では専業主婦専用の商品が用意されています。

消費者金融系のキャッシングは審査がはやい事や、銀行に比べて審査が比較的あまいといったところに人気があるようです。

ネットでキャッシングも調べられる、消費者金融に決められたルールを知る

5月 30th, 2014

消費者金融は貸金業になりますので貸金業法にのっとった運営をしなくてはなりません。
ただしこれは貸金業である消費者金融にとって重要なことばかりではなく私たち利用者にも深くかかわるルールとなっています。
ネットでキャッシングについて調べることもできますので、金融庁の改正貸金用法についてを調べてみるとよいでしょう。

法律によって何が決められているのか、細かなところはご存知ないかと思います。
しかし、キャッシングを利用する以上知らなければならない項目も多くあります。
知らずに借りること、知識を持って借りることでは全く異なってきます。
お金を借りる、借りたお金を返す、利用の流れは変わりありません。
ところがその過程が違ってきます。

仕組みを知ることによって何を比較するべきなのか、どこに気をつけるべきなのか気がつくでしょう。
その比較ポイントは消費者金融と銀行ではまったく違います。
消費者金融を利用するときには消費者金融のルールを知らなくてはなりません。
金利が高いことにはどんな理由があり、審査では何を重要視されるのか、それさえも見えてきます。

消費者金融のルールは一つ二つではありませんが、基本は総量規制です。
金利の上限など改正貸金業法で決められた重要な事項はありますが、利用者である私たち個人にとって重要になるのは総量規制です。
あいまいな情報ではなく確実な情報を手に入れましょう。
信頼できる発信源からの情報を集めていきましょう。