プロミスは専業主婦でも利用可能ですか?

12月 11th, 2014

一時はカードローンの利用者のなかで主婦が一番多いと言われていました。
理由は一時的のつもりで生活費の工面や養育費の工面などの家計にまつわる借り入れや、遊興費や買い物欲など個人的な楽しみのための利用する人がいましたが、その為に借入金額が増えていったり、その返済に他社からの新たな借り入れをしたりと数社で借り入れを起こし、結果として多重債務に悩む主婦がとても多くなり、主人に内緒で利用しているという状況から夫婦関係にも亀裂が入るなどの問題が発生していました。
こういった問題を受けてキャッシングの利用に対して、貸金業法で総量規制が作られ、融資限度額は年収の3分の1までと制限される制度で、これまでのように収入のない人にとってかなり厳しい制限がかけられているのでプロミスでのカードローンは専業主婦では不可能と言えます。
しかし、これも解決方法があり、専業主婦が借入を申し込むときは、配偶者貸付を利用することで配偶者の同意があれば融資契約をする事が可能で、この方法であれば専業主婦であっても借り入れは可能となりますが、これまでのように主人に内緒というわけにはいきません。
プロミスでは専業主婦は借入出来ませんが、兼業主婦のようにパートやアルバイトなど勤務状態にかかわらず、収入が有る主婦であれば自分名義での申し込みは可能となっていますので、いざお金が必要と言う時のために、出来れば普段から空いた時間などを利用パートなどに出ておくほうが賢明でしょう。
プロミスの口コミ・評判・体験談(5件)

リスクを知って消費者金融のキャッシングを安全に使おう

11月 28th, 2014

消費者金融でキャッシングすることはとても怖いこと、イメージとしてあります。
しかし選び方、使い方を間違えなければ消費者金融は怖いものではなく利便性の高いキャッシングになります。
逆に考えると選び方や使い方を間違ってしまったときに消費者金融は恐ろしいものに変わるということです。
もちろん消費者金融に限ったことではなく銀行でも公的融資でも同じことです。
消費者金融だけではなくお金を借り入れること全般に言えるものですが、リスクを知ることは非常に重要なことになります。
例えば親からお金を借りるとき、いつの間にかなあなあになって返さなくてもよくなったということはよくあることでしょう。
それが友人となれば利息はつかなくとも約束の日までに必ず返済をしなければ人間関係が修復できない状況にまで落ち込むこともあります。
消費者金融などキャッシングを扱う業者ならどうでしょうか。
返済日までの返済はもちろんのこと、利息をつけて返済をすることになります。
家族や友人など身近な人からお金を借りるときには人と人の信頼関係によるものでしょう。
業者からキャッシングでお金を借りることは社会的信頼に関わってくることになります。
リスクを考えなければ今の生活にも支障をきたすだけではなく、長い将来にわたってのライフプランさえも大きく乱れてくることがあります。
お金を借りるための手続きは簡単です。
しかし返済をしてくことは決して楽な道のりではありません。
消費者金融を賢く活用する、それにはどんな方法と注意が必要なのでしょうか。

他社よりも少しだけ低いプロミス利率

9月 8th, 2014

キャッシング比較ポイントとしてよく「金利!」と言われていますが、消費者金融においてはそれほど気にかけることではありません。
例外でダイレクトワンの金利が20.0%と高くなっていますし、プロミス利率は17.8%となっていますがそれ以外の消費者金融では上限金利が18.0%と一律の様に設定されています。
そうなるときになってくるのは下限は何のために設定されているのかということではありませんか?
消費者金融全般に言えることではありますが、金利が不明瞭であることは残念ですが特徴ともいえることです。
例えばプロミスでは金利が4.5%〜17.8%となっていますが、銀行のように利用限度額に応じて金利が決まるわけではなく果たして何によって金利が決まるのかと言えばそれは明確ではありません。
利用する前はおろか、利用をしたとしても自分が適用される金利はわかるもののどのように利用をしていけばもしくは手続きをしていけば金利が引き下げとなるのかが分かっていません。
増額をすることで金利が下がるとも言われていますが、それも一様に下がるわけでもないようです。
返済実績を積むことで金利が下がるとも言われていますが、いったいいつまでの返済という実績を積んでいけばいいのかもわかりません。
そのためどのようにすれば金利が下がるのかを考えるよりも、上限金利が適用されるのだとして計画を立てたほうが安全です。
17.8%が金利として適用されると考えて利用していきましょう。

組合からお金を借りる

7月 21st, 2014

会社にお勤めの方は、会社の組合からお金を借りることが出来ます。こうした貸し付けを行っているのは、大きな会社や組合のある企業に限られますが、公務員の場合は共済でお金を借りることが出来るのです。公務員共済を要すれば、消費者金融カードローンや一般的なローン商品よりも、金利の低い借り入れが実現出来るでしょう。
この他にも、職業の数だけ(各組合からの)さまざまな借り入れ方法が存在しています。銀行のように住宅ローン、医療介護ローン、学資ローン、ブライダルローン、多目的ローンを扱う組合や企業もあるのです。返済期間も長く、金利も低いので組合に加入されている方には大変お得と言えます。組合の加入がなければ、銀行や信販会社、消費者金融カードローンを利用する必要がありますが、一度は「勤め先で利用出来るローンが無いかどうか」探してみるようにしましょう。
住宅ローンを利用される方には、おなじみの「ろうきん」も組合が利用する金融機関のひとつです。ろうきんとは、労働金庫の略称で、消費生活協同組合や共済組合が利用する機関となっています。銀行と比べて、低い金利でローンが組めるとあって、住宅ローンの土日でもお金を借りたい借り入れには欠かせない機関となっています。
ろうきんは共済組合、消費生活協同組合の他に、会社の労働組合に加入することで利用することが出来ます。また、お近くのろうきんエリアにお勤めの方であれば、組合員になることが出来るのです。低金利ローンをお探しの方は、ぜひ利用してみてください。

消費者金融系のキャッシング

6月 30th, 2014

キャッシングを始めるとき、消費者系でキャッシングをするのか銀行系でキャッシングするのかをえらばなくてはなりませんが、消費者系のキャッシング会社はどういった特徴があるのでしょう。

消費者系キャッシングは消費者金融から融資を受けることで、大手消費者金融と呼ばれている「プロミス」「アイフル」「アコム」など名前が知られていますが、地方都市にあるような地域密着型の中小消費者金融業者も存在しています。

消費者系でキャッシングするとき、「安定した収入があること」が前提となっています。
この条件があるのは消費者金融は貸金業法の総量規制で融資限度額が決められていて融資は年収の3分の1以内と制限されているので、年収がなければ融資をすることができないので上記のような条件が付けられていますが、サービスの中には「おまとめローン」などのように、複数社からの借入を一本化し、借入をまとめる事で金利が下がり、複数日あった返済日を1日にまとめることができる商品は総量規制の対象外となり、審査はきびしくなりますが審査に通れば年収に関係なく融資がうけられる商品もあります。

キャッシングは収入がなければ利用できないので専業主婦は消費者金融を申込むことができませんが、銀行系のキャッシングは年収に関係ないので銀行のカードローンなら申込がかのうで、三菱東京UFJ銀行のバンクイックやイオン銀行では専業主婦専用の商品が用意されています。

消費者金融系のキャッシングは審査がはやい事や、銀行に比べて審査が比較的あまいといったところに人気があるようです。

ネットでキャッシングも調べられる、消費者金融に決められたルールを知る

5月 30th, 2014

消費者金融は貸金業になりますので貸金業法にのっとった運営をしなくてはなりません。
ただしこれは貸金業である消費者金融にとって重要なことばかりではなく私たち利用者にも深くかかわるルールとなっています。
ネットでキャッシングについて調べることもできますので、金融庁の改正貸金用法についてを調べてみるとよいでしょう。

法律によって何が決められているのか、細かなところはご存知ないかと思います。
しかし、キャッシングを利用する以上知らなければならない項目も多くあります。
知らずに借りること、知識を持って借りることでは全く異なってきます。
お金を借りる、借りたお金を返す、利用の流れは変わりありません。
ところがその過程が違ってきます。

仕組みを知ることによって何を比較するべきなのか、どこに気をつけるべきなのか気がつくでしょう。
その比較ポイントは消費者金融と銀行ではまったく違います。
消費者金融を利用するときには消費者金融のルールを知らなくてはなりません。
金利が高いことにはどんな理由があり、審査では何を重要視されるのか、それさえも見えてきます。

消費者金融のルールは一つ二つではありませんが、基本は総量規制です。
金利の上限など改正貸金業法で決められた重要な事項はありますが、利用者である私たち個人にとって重要になるのは総量規制です。
あいまいな情報ではなく確実な情報を手に入れましょう。
信頼できる発信源からの情報を集めていきましょう。